ヒトリゴト
すまない、ホモ以外は帰ってくれないか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告// // //


初音○○
20071114000311.jpg


答え:醤油


怖い夢を見た。

家族と車で走っているところから始まり
廃墟のマンションを通りかかった。
僕は、その廃墟のマンションに何故か興味をそそられた。
その廃墟マンションの名前は知っていたはずだが、何故か忘れている、という変な設定だった。

その晩――
寝込みを白い手に襲われた。
まず白い手は、僕の足を握力45くらいの力で掴んできた。

ガシィッ!!

寝ていた僕は、飛び起きて一瞬パニックになりかけたが
最初に目に飛び込んできた物が白い手だったので、すぐに状況を把握した。

『うおおああああああああああああああ!!!!!』

断末魔の雄叫びを上げ、僕は必死に抵抗した。
夢なのに、めちゃくちゃリアルな感触があったのを覚えている。
今思い出しても気色悪い……。
そして脳裏には何故か、血みどろの女性が浮かんだ。
あの廃墟マンションに住んでた女性だ。
何故か知らんけど知っていた。
夢ってそんなもんだろう。

そのシーンが終わったあと、廃墟マンションで血みどろ女性が
何かを囁いていた。

冥界へ誘うかのような囁きだった記憶がある。
どんな内容かは忘れてしまったが。

かなり滅茶苦茶な内容だが、朝起きたとき、震えていた。
非常に恐ろしかった。


そして僕は

あーあ、また仕事か。鶏肋、鶏肋。

と言い放ち、渋々会社へと足を運んだ。


スポンサーサイト
【2007/11/14 00:15】 未分類// TRACKBACK(0)// COMMENT(2)//






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。